家庭用脱毛器ケノンでバストトップ 乳輪を脱毛するコツ

脱毛

 

恥ずかしいのだけど、乳首のまわりの乳輪に太い毛が生えるの…

量が少ないからサロンに行くのも気が引けちゃう…

家庭用脱毛器でケア出来ないかな…

 

乳輪は色が濃いところなので、ひと手間かけて脱毛するといいですよ。

美容皮膚科ナースの私がこれらの疑問に答えます。

 

 

乳輪脱毛のコツ

乳輪に毛が生えてきた。

乳輪から太い毛が生えてくることがあります。

その都度抜いたり剃ったり…忘れた頃にまた生えてきたり、めんどくさい存在です。

場所柄、サロンやクリニックに行って脱毛するのも恥ずかしいし…

毛は少ないのだけど1ヶ所にカウントされているので1回1万円の料金がかかります。

脱毛は回数が必要なので正直割高で高いです。

お家で処理出来たらいいと思いませんか。

乳輪について

乳首とそのまわりで、色のついたところが乳輪です。

乳輪はピンクから茶色まで個人差はありますが、肌の色素がついている箇所です。

肌質もデリケートなところです。

脱毛器の光は色に反応して脱毛を行います。

なので色素の濃いところや日焼けした肌は反応ので安い部位になります。

乳輪に光を照射する時のポイントがあるので、お伝えしていきます。

 

       

乳輪の下準備

ガーゼや包帯を止めるテープを用意します。色は白色のテープを必ず選んでください。

白色はレーザーに反応しない色なのです。

このテープを乳輪に貼って肌を保護します。

毛の根元を避けてテープを貼ります。

少し手間ですが、下準備をすれば安心です。

テープの上から光を照射します。

アイスノンでの冷却ももちろんしっかりしましょう。

照射後にヒリヒリする場合はしっかり冷やして軟膏を塗りましょう。

 

簡単お家ケアで煩わしいお手入れから解放されましょう。

  • 白いテープで乳輪を保護する。
  • アイスノンでしっかり冷やす
  • ヒリヒリする場合は軟膏を塗る。

自宅で本格脱毛と美顔が1台で!「脱毛器ケノン」

コメント

タイトルとURLをコピーしました